【3/16】オープン戦 ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークスそのオープン戦。
週末の楽天戦はDAZNで観れなかったので久々のテレビ観戦となりました。
早くスタジアムで試合が観たいです(笑)

この日の試合は1-0と敗北。
点差は1点でも実力に大きな差を感じる試合となりました。

この試合を振り返っていきましょう!

上茶谷投手、阪口投手が好投!開幕ローテへ前進!

この日二人の開幕ローテ候補が登板しいずれも好投しました。
この日の先発は上茶谷選手。
柳田選手やデスパイネ選手がこの日から1軍に合流し主力選手が並ぶソフトバンク打線と対戦しました。

前日の練習では三浦監督からの指示でサイドスローで投球。
調整法の一つとして提案をされたようで、長年活躍してきた選手だけあって引き出しが多いんだなと改めて感じました。
関連ニュース:DeNA・上茶谷、サイドスロー転向? 16日先発向け調整

サイドスローの参考にしたのはかつてヤクルトに在籍した林昌勇さん(参考というか物マネ笑)
林昌勇さんと言えばWBCでイチロー選手に打たれた姿が今でも脳裏に焼き付いていますね(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=8D-0vPg6fOc

その効果があってか4回を投げて犠牲フライで失った1点のみの好投。
ストレートも走っていました。

2番手で投げた阪口投手は4四球を出すも無失点。
前回同様いい球と悪い球がはっきりしているのが気になるところですが、前回の5失点と違い無失点に抑えたところは先発6番手として合格ラインなのではないでしょうか。

主力選手が下がっていたとは言え、ソフトバンク打線はプロ野球の中でも強力な打線なので、オープン戦で対戦できたことはシーズンに向けて大きな経験になったと思います。

力の差を見せつけられた打線

この日の打線は先発の笠谷選手に対し何度もチャンスを作るもののあと一本が出ず。
特に無死2,3塁のチャンスで1点も入らなかったのが今の打線の実力を表しています。

6回以降は打てる気配がなく3イニングで8三振。

9回は佐野選手がヒットを打つも森投手にたった6球で片付けられてしまい試合終了。
本気モードのソフトバンクの継投に全く歯が立ちませんでした。

先日の楽天戦では田中将大投手から2本打つなど活躍した牧選手もこの日はノーヒット。
しかしこの時期に良い投手と対戦出来るのは絶対にシーズンに繋がると思うので、オープン戦での経験をシーズンに生かしてもらえればと思います。

この試合目立った野手がいなかったのですがあえてあげるならば細川選手のヒットが良かったです。
逆方向へのフェンス直撃のヒットでしたが球の勢いはやはりすごいものを感じます。

今シーズン下位打線で育てられる余裕がチームにあれば絶対に出てくる選手ですが、今の打線を考えると余裕はなさそうなので勿体ないです。

ホークスと戦えたのが1番の収穫

1点差のゲームは点差以上の実力差を感じる結果となりましたが、ホークス打線を1失点に抑えた上茶谷投手、阪口投手の両投手の好投はプラスになる内容でした。

打線もあと一本が出ませんでしたが、得点力の改善に向けて今の時点で何が足りないのかを見極められる良い機会だったと思います。
あと1試合ホークス戦が残っているので5年連続日本一のチームにどこまで食らいつけるのかどんどん試して欲しいです。

関連記事

【3/9】オープン戦 対日ハムファイターズ

【3/19】オープン戦 西武ライオンズ

【3/10】オープン戦 日ハムファイターズ

【3/17】オープン戦 ソフトバンクホークス