有吉の壁で紹介されたオーダーを考察してみる

こんにちわ!
ベイスターズファンのみなさん、横浜スタジアムが舞台となった有吉の壁は観ましたか?
僕はおもしろ◯◯の人選手権のコーナーが好きなので観たのですが面白かったです。
澤村拓一選手が阿部慎之介現巨人2軍監督に叩かれるパロディなど野球ファンにしか伝わらないようなネタもあり、中でも駒田さんへのヤジをネタにしたものが印象的でした(90年代のネタなんて今どき誰に伝わるんだw)

そして気になったのが鬼奴さんがウグイス嬢を担当したネタで読み上げたスタメンオーダー。
日テレだけあって妙にリアルでした(笑)
今シーズン本当に実現するのか考察してみたいと思います。

去年本当にあったんじゃないかと思えるオーダー

番組内で紹介されたオーダーは下記になります。

1 神里 中
2 ソト 一
3 オースティン 右
4 佐野 左
5 宮﨑 三
6 柴田 二
7 大和 遊
8 戸柱 捕
9 今永 投

改めてみてもリアルですね(笑)
去年からの流れを引き継ぎ2番にソト選手を置く攻撃的なオーダーとなっています。
直近の練習試合を観ていると大和選手と柴田選手のポジションが逆になる可能性が現時点では高いですね。

昨シーズンから在籍する選手で組まれているので、昨シーズンにこのオーダーだった試合がないか調べてみましたが、該当する試合はありませんでした。

参考:2020年 横浜DeNAベイスターズ – スタメンデータベース

今回このオーダーが今シーズン本当に実現する可能性を調べてみました!
調べてみた結果わかりませんでした(怒)

とよくある芸能人まとめブログのように書いてみましたが(笑)
実際には笑えないレベルでこのオーダーを実現させるには程遠い状況にあるのが現状です。
現時点でのベストオーダーに近いのは間違い無いのですが、いつ頃に実現できそうなのかを考えるため現状をまとめてみます。

外国人選手の来日目処が立っていない

現状一番の問題が開幕まで1ヶ月を切っているにもかかわらず、コロナの影響で外国人選手の来日目処が立っていないことです。
他球団の外国人選手が少しずつ日本に来日出来るようになっている中でベイスターズの選手はまだ一人も来日出来ていません。

また来日出来たとしても2週間の隔離生活が必要なため来日即出場と言うわけには行かないのと調整期間なども考慮すると1軍登録されるまでは来日から1ヶ月は掛かってしまいます。

現実的に考えて早くてゴールデンウィーク頃の合流が予想されます。

先月末「ついにプエルトリからソト、アメリカからオースティンが!」と見かけた時は来たかと思いましたが残念ながらリモート対談でした(笑)

今永選手の復帰時期はいつ頃なのか

ベイスターズのエースである今永投手ですが、昨年の10月に肩の手術をしたため開幕には間に合わない予定です。
現在は8割程度の力でブルペン投球を行っているのでそう遠くない時期に打撃投手としての登板や2軍戦への出場はあるかもしれませんが、1軍の戦力になるのはやはり早くてもゴールデンウィーク頃かと思います。

しかしエースがいない今こそチャンスも多いです。
先日練習試合で好投した阪口選手が今永選手が戻ってきた時に居場所がないぐらい頑張ると言っていたように若手投手に頑張ってもらいたいです。
97年、当時エースだった斎藤隆さんが手術でいなかった時に三浦大輔監督が出てきたように新しい投手の台頭が期待されます。

ニューヒーローの台頭

ここまでネガティブな要素からの考察だったので、ポジティブな要素でも考察をしたいと思います。
紹介されていたオーダーはどちらかというとラミレス監督時代に組みそうなオーダーのため、三浦監督になりまた新しい一面が見えてくると思っています。
その中でもチームに新しい風を吹かせてくれそうなのがニューヒーローの存在です。

柴田選手と大和選手を同時に使うのはディフェンス面で見た時は固そうなのですが、打線として見たときにどうしても弱い印象があります。
そこに新加入のドラフト2位牧秀悟選手や巨人から移籍してきた田中俊太選手が食い込んで来れればパンチ力や機動力がプラス出来るようになるかもしれません。

またFAで梶谷選手が巨人に移籍したことで空いたセンターや外国人選手が来日で遅れている間空いているポジションでレギュラーを取る選手が出てくる可能性があります。
例えば去年2軍で3冠(本塁打、打点、出塁率)を獲得した細川成也選手が満を持してブレイクする可能性もあります。

今年はそういった変化に期待したいと思っています。

まとめ

今回有吉の壁で紹介されたオーダーがベイスターズの現時点でのベストメンバーに近いことは間違い無いですが、現状で実現可能性があるのは早くてゴールデンウィーク以降になりそうです。
外国人の来日が遅れていることや投手陣の目処が立っていないネガティブな要素が多い状況ですが、期待の新戦力もいるためので全く想像もつかなかったようなオーダーが今年見られかもしれません。

この記事がいいなと思った方はぜひ記事の拡散をお願いします。

関連記事

ベイスターズ 2021年開幕投手を大予想!

OPENING SERIES 2021のチケット購入戦略を考える

外国人選手が不在の中での戦い方